2012年

3月

08日

アーティストファイル(44)雅佐世

(ドラード国際芸術文化連盟・美術作家会員)

 

雅佐世

 

〈プロフィール〉

自分の描いた絵で誰かが喜んでくれることが幸せです。
幼少時、祖母の傍らで絵を描いていたときの、
あたたかい笑顔が原動力となりました。
高校時代描いた油絵を欲しいと友人が言ってくれたことや、
子供英会話講師時代に自作した教材を子供達が喜んでくれたことが原点です。
独学でWebデザインを学び、Web制作会社に勤務後、フリーとなりました。
その後、ずっと描きたかった油絵を再び描きはじめました。
「小さな優しさ展」
「手のひらサイズのアート展」に参加

 

〈今後の活動予定〉

 

油絵を中心に天使、妖精など
ファンタジックな世界を描いていきます。

 

〈作品画像〉

「ふたりの天使」 F8 鉛筆 1万円
「ふたりの天使」 F8 鉛筆 1万円

〈アートに対する想い〉

 

天使の絵を中心に描いています。
天使は昔から大好きで
何故だか理屈ではよくわからないけれど、
天使を描きたいと思うようになりました。
天使、子供、動物を主とした世界が好きです。
絵を描いていることが幸せで、
誰かが絵を見て喜んでくれることが嬉しく、
描き続けています。