2011年

9月

10日

アーティストファイル(1)青木碧雲

(ドラード国際芸術文化連盟・美術作家会員)

青木碧雲 AOKI HEKIUN<プロフィール>

1951年・8月生まれ

愛媛県松山市にて書画をはじめ
顔料を中心とした絵画の創作活動を続ける。
2001年は脳出血で右半身麻痺となるも、
現在までリハビリとともに左手で創作活動を続ける。

2007年9月 「坂の上の雲」1000人のメッセージ展
優秀賞を受賞。

2008年4月  アトリエ「雲ん〜も」設立/(主宰)

10月 皇太子殿下松山ご来訪 坂の上の雲ミュージアム
ご視察につき受賞作品を賜覧、皇太子殿下よりお言葉を頂く。

2009年2月  CATV大手町オープンスタジオにて書展(個展)

11月  青木碧雲作品集出版

2010年  ドラード国際芸術文化連盟主宰「創作表現者展」
ドラード大賞・受賞(梵寿綱/選)

2011年  6月 ドラード大賞企画「青木碧雲展」(招待展)
ドラードギャラリー(新宿・早稲田)にて

6月 震災支援「THANK YOU展」出品

作品画像・・・
坂の上の雲/皇太子殿下御高覧
坂の上の雲/皇太子殿下御高覧
「金魚おっさん」ドラード大賞(2010)受賞作品
「金魚おっさん」ドラード大賞(2010)受賞作品

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(制作への想い)

「坂の上の雲」1000人のメッセージ展
受賞での言葉より(愛媛新聞から第311号より転載)

自分なりの書の表現ができたらと
必死になっていた二十数年・・・。
残念ながら脳溢血のため右手で書くことを
失い六年余り、「本当にもう一度書を書きたい」
という想いが一日一日と強くなり、一本の線を
左手で描く日が毎日続きました。

二度目の命をもらって筆をもち
作品ができがあがりました。
「本当に嬉しかった」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今後も書や書画を一緒にやってみたいと
思われる方のためにも
そして自身の成長のためにも
制作を続けたいとおもっています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

AOKI HEKIUN

Born in 1951

An Artist who continued painting mainly with pigments including Calligraphy in Matsuyama City,EHIME.
He suffered a brain hemorrhage and paralyzed on his right side in 2001,nevertheless he carried on his creative activities with left hand with rehabilitating.


2007     Exhibition "Sakano ueno kumo" Messages of 1000 people
             Award of Excellence
2008   Establised Atelier Kumon-mo

The Crown Prince visited  Matsuyama city.
During the inspection for Saka no Ue no Kumo museum,
He had an audience.

2009     Solo Calligraphy Exhibition/CATV Otemachi open studio
             published Collections of AOKI HEKIUN works

2010     Exhibition Creators/Dorado Gallery,Tokyo
             Grand prix (selected by Von Jour Caux)
2011     Exhibition AOKI HEKIUN/Dorado Gallery,Tokyo (invited)
             Exhibition "THANK YOU (The Tohoku Earthquake    

             support)   " /Dorado Gallery,Tokyo

(From a commemorative Speech for exhibition "Sakano ueno kumo" Messages of 1000 people , Ehime newspaper 311)

I was eager to find my own special way of expression of Calligraphy for more than 20 years...
Unfortunately I lost my ability to draw with my right hand from a brain hemorrhage.Since then,for six years,the desire "I want to do Calligraphy again"  become stronger day by day, I draw a line with my left hand every day.

I have given my second life and finally I finished my art work.
I was so happy.

For those who would like to try Calligraphy together, and for my own self,
I would like to continue my work.